防犯というもの

そもそも「防犯」とは何なのか

防犯

読んで字のごとく

「防犯」という言葉はありますが、そもそも防犯とはどういう意味なのか。防犯とは読んで字のごとく、泥棒や通り魔、放火魔など予測しうる「犯罪」にたいしてそれを「防ぐ」ための手段を講じる事ですね。年々特に都市部においては防犯というものに対する意識が高まってきており、様々な犯罪に対しての防衛策が発達してきています。

例えば、自転車の前カゴにバッグ等の荷物を入れている人がひったくりに遭わないための「ひったくり防止カバー」や、子どもを誘拐などの犯罪から守る事を目的とした子ども向け「GPSケータイ」、自動車やバイクの盗難を防ぐため「盗難警報装置」など、技術やアイディアの発展とともに進化してきた防犯対策の例を挙げれば枚挙に暇がありません。

当サイトでは、このような防犯対策の中からいくつかの方法あるいは概要について、お話させて頂こうと考えています。

まずは、やはり防犯と聞いて多くの人がイメージするであろう空き巣対策に用いられる「玄関補助錠」、同様に窓からの侵入者を阻む「窓の二重鍵」、次に証拠を残す事ができる「防犯カメラ」、そして犯罪自体を抑止する効果が期待できる「防犯センサーライト」について、私自身の考えも織り交ぜながら意見を述べさせていただきます。

鍵屋のお役立ち情報

こちらの鍵屋さんでは防犯設備士の資格を有するスタッフが沢山在籍します。

Copyright(c)2014 防犯について All rights reserved.